俺得修学旅行 第3話~第5話 夜這いで3P

修学旅行二日目の自由行動
嫌な予感は的中した!

ちょいナンパした程度で
モノも言わんとどつくんかい!?
コラァッ!

東京モンが!
おなごや思って
甘くしいやりゃあ…っ!
輪姦したるわ!!

夏目ルナ:これで二対四か…
デビュー戦にはちょうどいいだろ?

勇太:ルナ姉っむむ無理っス!!
俺ケンカなんて…っ

夏目ルナ:さあ勇太!本物の男にしてやるぞ!!

Hの時よりイキイキしてるよ!!
いくぞオラァ!
た…っ助けてー!

うわ…っ!何だ!?
この異臭!?

こっちよ!
!?アンタは…

尾形 保奈美:「尾形 保奈美」ですっ!!
その略しかたやめてもらえませんか夏目さん?

私…来年T大の推薦受けるんです
学校の評判落とすような
喧嘩は止めて下さい!

夏目ルナ:あーはいはい
学年トップ尾形様は違いますねぇ!

勇太;た…っ助かった
ん?待てよ尾形って確か…

科学部部長で自ら作成した
試薬の効果を手近な人間で
実験しようとする
悪癖を持つ劇薬博士

尾形 保奈美:護身用〇〇ガスZVⅡの作用…
Q・E・D!!(証明終了)

勇太:星女三巨頭ーッ!!!

夏目ルナ:オボちゃん!
それじゃ伊賀を旅館まで送ってよ
顔見られるしウチはこの場を
処理していくから!

尾形 保奈美:何で私が伊賀さんの案内を…!?

こうして星女三巨頭の
二人目と一緒になってしまった…が

勇太:お…尾形さん?
様子が変だ!!

尾形 保奈美:い…伊賀さんの
中の人が男子…男子男子

な…っ何見てるんですっ!?
いくら私が勉強漬けだからって…
男子ろしゃべったコトなくて
緊張してるなんてコトは
ないんだからねっ!!

そうだっ
私寄るとこありますから

勇太:え…っちょっと尾形さん!?

ぽつん…

尾形 保奈美:星女の「知の巨人」と
言われた偏差値75の私が

勉強だけでは
唯一学べなかった
禁断のテーマ…

男子!!!

お嬢ちゃん修学旅行生?
白衣の土産なんてめずらしいね!
割烹着もあるよ!?

尾形 保奈美:いや…
すぐ着るんでタグとって下さい

夜這い決行!!

男子という生物の
秘密を解剖する
チャンスです!!

篠原:ちょっとぉ勇太クン!?
今日一日ケータイに出ず
どこ行ってたの!?

何やってたかちゃんと
言いなさいよぉ!

勇太:いやその…っ

篠原:沙也加ちゃんに
報告しなきゃ
イケナイんだから!

勇太:み…道に迷っちゃって…
(半分本当)

三巨頭のうち二人とも絡んだとは…
さすがに言えなかった

ねぇっ!

今日四班の部屋にみんな集まって
オールで女子会甘トーク

勇太:みんな元気だなぁ…

クラスみんなで別室に集まって
何かやるらしいスよ?

行かないんスか篠原さん!?

篠原:行きたいよぉ行きたいけど…
君が勝手なコトしないように
見張ってなきゃだもん

勇太:姉貴にそう言われたんスか?

行っていいっすよ
俺あとはもう寝るだけッスから…

篠原:ダメよ約束は約束

その夜

ギシ…っギシ…っ

…ん?

勇太:うわああっ!!

えっ!なに何!?

尾形 保奈美:しまった!
一人じゃなかったの!?

篠原:さ…三巨頭尾が…
う…っ!う…ぅ

勇太:だ…大丈夫スか!?
篠原さんに何を飲ませた!!

尾形 保奈美:心配無用!
毒薬ではありません

ただ…
自分の意思とか無関係に
女の子の本体が勝手にハッスル
しちゃう薬です♡

篠原:あんっ♡
な…なにコレッいやっ

ど…どうして?
いやらしいことなんか
考えてなかったのに…

尾形 保奈美:フフ…ッ本当は
勇太さんをハッスルさせて

私自ら調査するつもり
だったんですが…

ここは篠原さんにまかせて
私は男女の生態を高見の
見物といきましょう

篠原:どうしようゆうたくぅん
あそこがぐちょぐちょになっちゃった…

お〇んちん…欲しい♡
私も脱ぐから~

勇太:そ…そりゃマズイっスよ!!

尾形 保奈美:まずはそのお〇んちんとやらを…
冷やかに観察してやりますか

篠原:なんだぁ勇太クンも…
超固くなってるにゃん♡

尾形 保奈美:な…っ何アレ!?
イメージしてたのと全然違う!!

あんなグロテスクで恐々しいモノを口で…

咥えた!!

篠原:あむっんんっ♡

勇太:あ…ああっ篠原…さんっ
き…気持ち良すぎる!!

篠原:おう?(どう)
うーた(ゆうた)クン!?

おひんひん(オ〇ン〇ン)
ひもひい?(気持ちいい)

ん…っ

んっ

…ッ!

んっ

んっ♡
んっ♡

勇太:や…やばいっス篠原さん…
このままされ続けたら
く…口の中に射精ちゃう!!

ドピュッ…びゅるっ

じゅるっ

…ん

あ…ああ…

ん♡
ん♡

…んぅ!

にゅぷっ

ドロ…ッ

…ふっごい(すっごい)よう(量)♡

尾形 保奈美:そ…そうだ篠原さん
精液のサンプルを少しわけて…

ゴクンおいち♡

飲んだ!!

篠原:さあ…勇太クンも全部脱いで?
今度はこっちで咥えてアゲる♡

尾形 保奈美:じ…常識で考えなさいよ篠原さん!?
そんな小さな穴にあんな大きいモノが入るわけないでしょ?

結果を確認するまでもないわ
私もう寝る!

篠原:案外無知っスね
尾形さん多分処女…

尾形 保奈美:何よ上から目線!!
カレシいるのがそんなに偉いわけ?篠原さんっ!?

勇太:カレシいるんスか!篠原さん!?

篠原:いいから挿入れてっ♡

にゅぷっ♡

あ♡

ゆ…っ勇太クンち〇ぽ…っ
お…っ奥までキターッ♡

尾形 保奈美:入ったぁああああっ!!!

勇太:み…見かけによらず結構ビッチっスね!

篠原:く…っ薬のせいよっ
キミだって慣れてるっぽいじゃん!

勇太:俺が童貞奪われたのは昨日っスけどね

篠原:お…っお〇ん〇ん気持ちイイ~っ♡

尾形 保奈美:私のコト
無知の処女って言いましたね?

勇太:お…っ尾形さん!?

尾形 保奈美:知らないコトは
勉強してやればいいんですっ

ぎ…疑似的な行為で…!

心臓が近い分だけ鼓動が…熱い!
貧乳サンドイッチ♡

あっ♡

ああっ♡

あっ♡

篠原:あっ!おっ…オ〇ンコ気持ちイイッ!

固いオ〇ン〇ンが出たり入ったり
して気持ちイイ~ッ♡

尾形 保奈美:知らなかったです

人の体温がこんなに
熱いものだったなんて…

勇太:…本当にそれだけですか?

尾形 保奈美:え…っ?

勇太:人の尾てい骨にナニか擦りつけてませんか?

尾形 保奈美:な…何のことですか?

勇太:しらばっくれるのやめましょうよ?

尾形 保奈美:ダ…ッダメェ~ッッ!!
刺激強すぎですう~♡

篠原:そ…っそんな激しく動いたら…
なんか来ちゃうぅ~♡

ぐちゅぐちゃっ

ああっ♡

あっあっ♡

篠原:だ…だめぇっ固いのが
子宮口にズンズン・・って

ホントに来ちゃうよぉっ♡

あっ♡

尾形 保奈美:わ…っ
私も気持ちイイですっ!

大きくなった陰核が
擦れて気持ちイイですぅぅぅっ♡

ち…乳首も擦れて…あっ!
き…気持ちイイ…っ♡

わ…私も
なんか…
き…来ますっ!

ドプッ

イ…ッイクうぅうぅ~っ♡

尾形 保奈美:…フフッ
これで私も男子をマスターしましたわ!

勇太:まだです!

尾形 保奈美:な…なんです?
こういうのって一回済んだら終わりで…

うわっ!また大きくなってるぅぅぅっ!!

勇太:真似事に触れただけでは
本当に知ったことにならないのでは?

尾形 保奈美:へ…偏差値75の私にお説教!?

床ドン
ひぃぃ!

あ…

な…

なに?

勇太:あなたは
人に試させるばかりで…

自分で飛び込む勇気がないんだ!

尾形 保奈美:そこまで言うなら
勇気がないか「実験」してもいいですよ?

ただし実験には
条件設定が付き物

あなたに守ってもらいたい
約束事があります!

俺得修学旅行 第3話~第5話 夜這いで3Pの詳しい内容はこちらをクリック↓
http://mechacomic.biz/?p=15157